トップ / 本物の歯のようなインプラント

本物の歯のようなインプラント

自然なインプラント

デンタルクリニック

インプラントは機構性が高い

私たちが事故などで永久歯を失ってしまった時、義歯をいれるしかありませんが、インプラント治療は、入れ歯やブリッジと比べると、見た目にも美しく自然で、機能性にも優れているといわれています。本物の歯と同じように、硬いものでも噛めるので、生活の質を下げることもなく、歯科医も推奨する治療法です。インプラントは保険が効かないため、高額な治療費がかかってしまいますが、希望される患者さんは年々増加しているようです。メンテナンスさえ怠らなければ、半永久的に使用できるので、定期検診は欠かさずに受けるようにしましょう。

メリットとデメリット

歯を失うと、インプラントか義歯、つまり入れ歯の治療を行うことになります。入れ歯は昔からある治療で、保険も適用されますが、違和感が強く、固い物が噛みにくいというデメリットがあります。会話もしにくく、粘膜に吸着させているので、外れてしまうこともあります。その点インプラントは、顎の骨に直接埋め込んでいるので、外れることがありません。審美的にも自然で、固い物も自分の歯のように噛むことができます。とても快適な治療ですが、手術が必要である点と、保険が適用されないというデメリットがあります。比較した上で、治療を受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの衛生管理. All rights reserved.