トップ / 格安のインプラントは注意

格安のインプラントは注意

インプラントの仕組み

デンタルクリニック

インプラントの土台について

インプラントには人工歯を中間構造体の土台に取り付ける方法として、ネジで付けるスクリュー式があります。スクリュー式のメリットは、人工歯が傷んできた場合に取り外して修理することができるので、修理コスト面で有効です。またメンテナンス時の確認もしやすく、異常時には治療が行いやすいということがあります。デメリットとしては、ネジがあるために複雑な構造になり、人工歯も大きくなってしまうこともあり、そのため費用が高くなってしまう可能性が生じます。インプラントを入れる前にそれらのことを確認して検討することが大切です。

インプラントの形状の主な種類

インプラントの形状には、いくつかありますがその中でも特に一般的に使われるタイプには2種類あります。まず、スクリュータイプで、その中でも、先端にいくほど細くなるルートタイプと、太さが変わらないストレートタイプがあり、噛む力を効率よく骨に伝えることができます。次に、シリンダータイプは、ねじの螺旋がついていない円筒形で、埋め入れるのは用意ですが、表面積が小さいため初期固定が弱いです。そのため2回法に適しています。インプラント治療を行う際には、顎の骨の状態などによって使い分けされます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの衛生管理. All rights reserved.