トップ

インプラントの衛生管理

インプラントの常識

デンタルクリニック

インプラントは虫歯にならない

インプラントは歯がなくなった部分に人工の歯根を埋め込んでその上に人工の歯をかぶせる歯の治療法です。人工の歯根と歯のセットであるため、天然の歯のように虫歯や歯周病になることはありません。しかし、きちんと歯磨きなどをせずに不潔にしていると歯周病のような状態のインプラント周囲炎という病気を引き起こしてしまうことがあります。これは歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間などに細菌が繁殖して起こるため、歯の健康のためには毎日の歯磨きや定期的な歯科検診などで、口内をチェックしいつも清潔な状態にしておくことが大切になります。

虫歯で歯を欠損しても使用可能

虫歯で歯を欠損しても、インプラント治療を行うと自然な見た目の歯を手に入れることが出来るため、おすすめです。オーダーメイドで歯を製作していただけるので、外観を気にする必要はありません。人工歯の部分は、経年によって寿命が来てしまいますが埋め込んだネジは利用することが出来るため、調節や補修、作り替えを行うことで利用し続けることが出来ます。メンテナンスを行うことで、変わらずに良い見た目をキープすることが出来て機能性も高くなります。歯周病や虫歯で歯を無くしてしまった場合にも、インプラント治療を気軽に利用してみましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの衛生管理. All rights reserved.